大好きな飲食店を応援するプラットフォーム『マイひいきコム』。

どのように始まって、何を目指しているのか?どのような未来につながるのか?笠岡が考えていることを数回に分けてお話します。

どの飲食店でも新しいビジネスモデルを実施できるように

さらに、その次も考えています。

それは、このプラットフォームを通して、どの飲食店でも新しいビジネスモデルを実施できるようにすること。

今回のコロナショックでは、このような事態のときに、飲食店が飲食店のままでは、生きることが難しいことがわかりました。例え、テイクアウトを始めても、です。

だから、もっと抽象度を上げて、「飲食店が飲食店として売らない」くらいのことも考えなければいけません。飲食店だからこそ「できること」を、少し上の視点から考える時期が、今なのです。

「場」の活用と「場」からの脱却

ここで重要となる軸は、飲食ならではの与件である「場」です。

飲食店は場に縛られています。これはメリットでもデメリットでもあります。

つまり、飲食店の新しいビジネスモデルは「場」の活用と「場」からの脱却という視点で考える必要があります。

この視点で考えると、飲食店の新しいビジネスモデルは、いろいろ考えることができます。

そして、飲食店によっては、すでに新しいビジネスモデルに向けて歩み出しているお店もあります。

進めるお店はどんどん先に進んでください。形にしてくれれば、後に続く飲食店がたくさん出てきます。お願いします。

しかし、多く飲食店が、新しいビジネスモデルと言われても、なかなか実行できないと思います。

多くの飲食店が実行可能な新しいビジネスモデル

そんな中で、笠岡が考える、できるだけ多くの飲食店が実行可能な新しいビジネスモデルとは、「販売代理店になること」です。

販売代理店であれば、お金もあまりかかりません。そして、場からの脱却もできます。さらに、ITのプラットフォームを使うことによって、多くのお店が実施可能です。

今回のコロナの影響で、多くの飲食店が、店外の売上の大切さがわかったと思います。同時に、テイクアウトやデリバリー、通販を始めるお店も多くなりました。

しかし、これらは、飲食店が飲食店として売っていく延長線上のビジネスモデルです。

ストーリー4へ続く

マイひいきコムのビジョン、誕生秘話