飲食店が飲食店として売らないとは?

自分たちで作った料理を店内か店外で販売する。そして、お客様に満足していただく。これは、飲食店の本質ですし、これからも追求すべきことです。

しかし、コロナ後の新しい時代は、「飲食店が飲食店として売らない」という考え方が必要になってきます。

この考え方によって、飲食店は、今までのビジネスモデルの延長線上にはない、新しいビジネスモデルを持つことができます。

「飲食店が飲食店として売らない」とは、一体どういうことか?

その一つが、先程の「飲食店が販売代理店になる」というスキームです。

飲食店は、自分の料理を販売するのは当然ですが、例えば、生産者から仕入れた野菜をレシピ付きで販売してもいいのです。

また、免許の関係もあるので、販売元を魚屋さんにして、魚に魚のさばき方を教えるという付加価値をつけてネット上で販売支援をしてもいいのです。

他にも、地元のミュージシャンとコラボして、ミニディナーショーを企画して、お店の個室での体験を売ってもいいのです。

飲食店が飲食店だからできる付加価値を加えて、地域コミュニティとコラボして、販売代理店になる。

こんな新しいビジネスモデルを私たちと一緒に考えながら、このプラットフォームを使って、どの飲食店でも、新しいビジネスモデルを実施できるようにすること。

こんな未来にたどり着けるように、このプロジェクトを設計して、一つ一つ進めているところです。

一緒に未来をつくりましょう

今、飲食店経営者をはじめとする多くの経営者が、とてもつらい状況にあります。私も経営者ですので、私事として理解しています。

今を生き残ること。これが、経営者にとって一番大切です。

しかし、同時に、経営者は、未来を考えないと生き残れません。

さらに、コロナ後の世界は、今までとまったく異なる新しい時代になります。

私たち経営者は、これから3つに別れます。

時代を作っていく経営者か、時代についていく経営者か、時代に取り残される経営者か。

どうせなら、新しい時代を作る側になりませんか?

ぜひ、賛同いただけると嬉しく思います。

一緒に未来を作りましょう!

マイ贔屓運営委員会
代表 笠岡はじめ

マイひいきコムのビジョン、誕生秘話